レディー

究極の美を目指すならエステ用化粧品|圧倒的な効果

自分の肌に合うものを

クリーム

肌の状態を知ろう

美しい肌になるには、まずは、今の自分の肌の状態を知る必要があります。肌は環境や年齢により変化していきます。体調によっても変化します。肌は大まかに、脂性肌、敏感肌、乾燥肌、などに分けられます。それぞれに合った基礎化粧品を使用することが望ましいです。もう一度自分の肌を再確認しましょう。脂性肌であっても、部分的に乾燥していることや、乾燥していることが原因で過剰に皮脂が分泌していることがあります。乾燥肌は、何も対策をしないことで、敏感肌になってしまうこともあり、保湿させることが重要です。敏感肌は、刺激の少ない基礎化粧品を使うことなどが重要です。生活の中で、自然と肌に悪影響なことがあれば、生活習慣自体を見直す必要があります。

弱い肌に向いているもの

乾燥肌と敏感肌は、肌のバリア機能が弱っている状態になりやすいです。使用する基礎化粧品全体を見直す必要があります。クレンジングでは、オイルクレンジングよりも、クリームやミルクタイプのクレンジングの方が洗浄力が強すぎないので向いています。オイルタイプを使うときはオリーブやホホバオイルが使われているものが良いでしょう。洗顔後は、保湿を十分にします。特にセラミドが配合されたものが乾燥に効果があります。セラミドは肌の中にもある成分なので安全です。その他にヒアルロン酸を配合してあるものが向いています。敏感肌には美容液は効果が強すぎるイメージがありますが、敏感肌用に低刺激の商品があります。使用してみて、自分の肌に合うものを見つけましょう。