レディー

究極の美を目指すならエステ用化粧品|圧倒的な効果

石鹸選びは配合成分が大事

石けん

刺激性と保湿成分

洗顔石鹸は洗顔フォームのように合成界面活性剤が配合されていないので、肌に優しいといわれています。洗顔石鹸には石鹸を作るために必要な材料しか含まれていない純石鹸と、石鹸材料にプラスしてオイルなどの保湿成分を配合している洗顔石鹸があります。純石鹸は無駄なものが入っていないので低刺激ですが、洗顔後につっぱることがあります。乾燥肌の人は、保湿成分がプラスされている洗顔石鹸を使用する方が良いです。また純石鹸と呼ばれるものは、配合されている脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上でないといけない決まりがあるようです。洗顔石鹸といっても配合成分が異なり、中には合成界面活性剤が配合されている偽物もあるので購入の際は配合成分のチェックを忘れないようにすると安全です。

本来の石鹸はアルカリ性

本来の洗顔石鹸は、天然素材で作られています。そのためアルカリ性であることが普通で、中性や弱酸性の石鹸は石鹸ではないともいわれています。石鹸の形だけど合成界面活性剤が配合されているので中性や弱酸性になっていることもあれば、洗顔フォームだけど合成界面活性剤が配合されていないのでアルカリ性になっている場合もあります。石鹸も洗顔フォームも、成分表示を確認すると分かりやすいです。よく分からない化学品の名前が書かれていたり、たくさんの配合成分が書かれているものは刺激が強めな可能性があります。純石鹸や刺激の低い石鹸の成分表示には1〜4種類程度の配合成分しか書かれていないので、肌への刺激具合は成分表示を見れば一目瞭然です。